株式会社日本陶業

お問い合わせ(平日10時〜17時)

03-3667-5921

MCR工法

MCR工法(モルタル・コンクリート・リベットバック)とは

外型枠に専用気泡緩衝材である難燃タイプのMCRシートを取り付け、コンクリート打設による側圧でコンクリート表面に丸型のアリ足状の凹凸を設けます。モルタル下地やタイルとモルタルとコンクリートの一体化により、剪断応力による界面のズレを防止し、各層を拘束する事で剥離を防ぎます。
タイルにも裏足がある様に躯体側にも裏足を設け挙動を拘束し、ズレを生じさせない事、浮きを防止する事を特徴とする工法です。

施工システム

  • MCRシートセットと
    外型枠の建込み

  • コンクリート型枠の
    脱型&養生

  • モルタル&タイル張施工

MCR工法の特長

  • 高品質なコンクリート
    ・脱着後のシート養生で、湿潤効果大
    ・シートでベニア糖分を遮断
    ・凝結時の養生により高品質へ
    ・脱型後のシート養生で、躯体の汚れを防止
    ・剥離剤不要
    ・表面ヒビ割減少
    ・丸型アリ足はどんな方向への挙動にも拘束
  • 安定したモルタルとの接着力
    ・モルタルの浮きを物理的かみ合いで防止
    ・接着界面面積が増大
    ・均一な躯体表面が打ち上がり、安定した接着へ
    ・薄塗りも補習も深さ3m/m近いアリ足効果で安心
    ・高強度コンクリートにはムラなく確実に効果発揮
    ・接着力は、従来よりバラツキが解消し安定
    ・圧縮ひずみの力効果が大きい
  • 低コストで高い安全
    ・型枠へのタッカー止めと廃材処理がUP
    ・ベニアケレンや清掃が容易になる
    ・型枠のイタミが軽く転用回数が増える
    ・アリ足効果で品質のムラが少ない
    ・難燃タイプで溶接焼けにも安心
    ・剥離剤不要で1工程カット
  • 浮き防止の効果確認
    • 【MCR工法】
      浮きが殆ど発生していない

    • 【合板型枠】
      浮きが日ごとに中心部へ発生

  • 圧縮ひずみの効果確認
    • 【MCR工法】
      コンクリートモルタルが
      一体化で斜めに破壊

    • 【合板型枠】
      コンクリートモルタルが
      躯体と界面剥離

施工手順と注意点

  • 1.準備・道具
    • シートを準備する
      両耳付きタイプ
      寸法:600mm×42m
      (2巻)
      特徴:コンクリート漏れ防止に最適

    • 道具
      マックス(株)
      ハンマータッカーとステープルを文房具店にて購入

  • 2.シートの取り付け
    • 納入
      1セット50平方メートル単位
      大変カサがはる為、置き場を確保(室内)

    • シートの貼り付け
      ラインに沿って折り曲げ300ミリピッチのサイド目印と
      正面を浮き上がらぬ程度にタッカーで止める

  • 3.建て込み
    • 目地棒取付
      目地棒の下側はシートの空気を潰して取り付けるとよい
      ※出入隅も同じ

    • 型枠建て込み
      セパ穴の位置を確認の上、事前に穴明けをすること

    • 配筋
      シートの破損に注意
      建て込み後に破損した場合は、応急処置としてガムテープを張り付ける

  • 4.コンクリート打設と脱型
    • コンクリート打設
      バイブレーターによるシート破損を防ぐ

    • 打設完了
      シートを型枠の上まで余分に出す

    • 型枠脱型
      両耳付きタイプは両サイドに耳付きがはみ出た脱型状態となる
      汚れ防止のために下地作成まで養生をしておく

  • 5.シートの除去
    • シートの除去
      コンクリートのくい込みの無いことを確認する

    • シート除去完了
      シート廃材処理に注意

    • 下地・モルタル施工
      凹部にモルタルが十分充てんする様にコテ圧をよく加える

MCR工法の詳細をPDFで見る

応用事例

施工実績一覧

目荒らし工法(MCR・超高圧洗浄)施工実績一覧になります。(PDFデータ)

目荒らし工法(MCR・超高圧洗浄)施工実績一覧